カードローンの審査にあたっての注意点

カードローンはローンカードを発行してもらいそのカードを利用してローンを組んで、毎月返済していくという方式ですがこのローンカードを作ったりローンを組む時には審査が必要になります。クレジットカードとは違って商品が手元にある状態でお金を返済していくので、その利用者が将来も収入があるかどうか判断するための審査を行います。

年収や勤続年数から将来的に返済していけるかどうかを判断しますが、この場合どんな会社に勤めているかも重要になってきます。実態の無いようないい加減な会社に勤めていると大概はローンを組むことができません。また以前に転職を繰り返していてまだ会社に入って日が浅い場合でも断られることがあります。

クレジットカードの分割払いと違って何十年に渡ってのローンもあるので気軽にローンを組んだりは出来ないです。カードローンはローンカード一枚で気軽にローンを組める便利なカードですが、以上のカードローン審査をカード発行時に行います。

クレジットカードの様に翌日審査で即時発行という会社は少ないです。それに限度額も定められているので、家などの高額の商品を購入する時にはカードは利用できないこともあります。比較的安い車などの購入であれば使用することもできます。クレジットカードの分割払いのしすぎによって破産するケースが多発していますが、ローンカードの使用はそれ以上に破産してしまう可能性が高いのでしっかり計画を持って利用することが大切です。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク